シシガシラ(獅子頭)

Blechnum niponicum


シシガシラ

  • 科名・属名 :
     シシガシラ科 ヒリュウシダ(シシガシラ)属

  • 特徴 :
     草丈30〜60cmの常緑性シダ。
     根茎は太くて短く、塊状になってやや斜上し、葉を叢生する。
     葉は2形、栄養葉の葉身は1回羽状全裂、長さ(27-)31〜41(-45)cm、幅(4.7)6.4〜8.9(-10)cm。羽片は30〜40対、狭長楕円形〜線形、やや鎌状で基部は中軸に流れて痕跡状、長さ2.5〜5cm、幅0.6〜0.7cm。最終裂片は鈍頭〜鋭頭で全縁。羽軸の表面に浅い溝がある。葉柄は淡褐色で若い時はやや赤味を帯び、長さ(0.8-)2.1〜4.6(-7.6)cm。基部には線状披針形、中央部は褐色〜黒褐色で辺縁は淡褐色の鱗片が密にある。
     胞子葉の葉身は1回羽状複生、栄養葉と同長かやや長く、長さ(28-)37〜49(-62)cm、幅(3.5-)4.3〜5.5(-6.4)cm。側羽片は線形でやや疎らにつき、長さ1.8〜2.8cm、幅0.2〜0.4cmと栄養葉の裂片より短く幅が狭い。葉柄は(3.1)5.4〜8(9)cmで栄養葉より長い。
     胞子嚢群は線形、胞子葉の羽片の中肋沿いに長く伸び、包膜は線形。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜九州(屋久島まで) (国外:日本固有)
     道端、林下

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体 2015年7月13日  群馬県尾瀬
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・栄養葉    同  上
     下・胞子嚢群 2015年7月24日  高知県吾川郡

  • 撮影記 :
     南西諸島を除く日本全土に分布し、ごく普通に見られるシダである。
     良く似たシダにミヤマシシガシラがあるが、胞子葉が栄養葉の2倍と長く、またオサシダは栄養葉の羽軸の表側に溝はなく、生える場所も岩場に多い。
     常緑のシダであるが、新葉は時にやや赤みを帯びることがあり、常緑の緑色との対比はなかなか美しい。

  • その他のシダ
栄養葉

胞子嚢群