ミヤマムグラ(深山葎)

Galium paradoxum


ミヤマムグラ1

  • 科名・属名
  • : アカネ科 ヤエムグラ属

  • 特徴

  •  草丈10〜25cmの多年草。
     茎は直立して毛がない。
     葉は普通4個輪生して2個ずつ大きさに大小があるが、時に対生したり、3、5個つくこともある。
     葉は卵形〜広卵形で、長さ1〜3cm、幅0.5〜2cm。先は尖り基部は円く、長さ4〜12mmの柄がある。
     花は茎頂に短い花序をだし、少数の花をまばらにつける。花冠は白色で直径約2mm、先は4裂する。
     果実には長いかぎ状の毛がある。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州  深山の林下

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2003年6月22日 長野県奥志賀高原
     下 1995年7月15日 静岡県愛鷹山

  • 撮影記

  •  深山の林下に生え、よく似たヤエムグラ属の花はあるものの、葉柄があるのが特徴である。
     苔むした夏の針葉樹林下は花は少ないものの、この花やホザキイチヨウランキソチドリなど、黄緑色の地味な色の花が咲いている。
     撮影しているとその静けさに飲み込まれそうな感じがする。

    同じ科の仲間の花
ミヤマムグラ2