アオカモメヅル(青鴎蔓)

Vincetoxicum ambiguum


アオカモメヅル

  • 科名・属名
  • : ガガイモ科 カモメヅル属

  • 特徴

  •  つる性の多年草。
     茎は細長く伸び絡みつく。茎にはわずかに毛がある。
     葉は披針形で長さ3〜10cm、基部はごく浅い心形。
     花は葉腋から短い花柄をだし、小さな花序になる。花冠は帯黄白緑色で直径7〜8mm。5深裂する。

  • 分布・生育地

  •  本州(紀伊半島)、四国、九州
     山麓の草地や林縁

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年9月12日 徳島県海部郡
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  徳島県海部郡は高知県と境を接し、黒潮に洗われる温暖な地で、南方系の植物が多い。
     大阪に在住の際、夜行のフェリーを利用してよく訪れた。今はそのフェリーも廃止されたが。
     平成16年、久しぶりに秋の花を探して訪れ、マルバノサワトウガラシオグラコウホネなどを撮影した後、最後にこの花に出会った。
     以前は一杯あったということだったが、やっと1株見つけただけだった。

    この科の仲間の花
花アップ