アオタチカモメヅル(青立鴎蔓)

Vincetoxicum glabrum f. viridescens


アオタチカモメヅル

  • 科名・属名
  • : ガガイモ科 カモメヅル属

  • 特徴

  •  草丈40〜100cmの多年草。
     茎は下部が直立し、先はつる状になる。
     タチカモメヅルの品種で、花が帯黄白色である。

  • 分布・生育地

  •  本州(近畿地方以西)〜九州
     湿った草地

  • 花期
  • : 7〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  1994年9月2日 大分県大分郡

  • 撮影記

  •  大分から阿蘇にかけて夏休みも兼ねて家族旅行に出かけた。
     家族は温泉で遊ばせておいて、事前に調べておいた近くの湿地に撮影に出かけた。
     アシ原をかき分けるとツクシフウロが現われ、タチカモメヅルも見つかった。
     撮影していると、白花のこの花も混じって咲いていた。

    この科の仲間の花