コバノイチヤクソウ(小葉の一薬草)

Pyrola alpina


コバノイチヤクソウ

  • 科名・属名

  •  イチヤクソウ科 イチヤクソウ属

  • 特徴

  •  草丈10〜15cmの多年草。
     葉は根元に集まってつき、広楕円形〜円形で長さ1.5〜3cm、幅1.3〜2.5cm。質は軟らかく、縁には尖った細かい鋸歯がある。
     花は茎の先に2〜7個つき、花冠は白色で直径約1cm。花柱は湾曲する。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州(中部地方以北)
     高山の針葉樹林下

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1979年8月15日 山梨県北岳
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  小葉とあるように葉がやや小さく、葉の長さが幅より長いので見分けられる。
     亜高山帯の林下も登山道際は風の通りがあるせいか植物が多く、この花以外にも同じイチヤクソウの仲間のジンヨウイチヤクソウなども見ることができる。

    同じ科の仲間の花