ハマギク(浜菊)

Nipponanthemum nipponicum


ハマギク

  • 科名・属名
  • : キク科 ハマギク属

  • 特徴

  •  草丈50〜100cmの亜低木。
     茎は太く叢生し、時に上部で分枝する。
     葉は互生し、へら形で長さ5〜9cm、幅1.5〜2cm。表面に光沢があって厚く、縁には波状の鋸歯がある。
     頭花は長い柄の先につき、白色で径約6cm。総苞片は4列に並ぶ。

  • 分布・生育地

  •  本州(青森〜茨城県に太平洋側)
     海岸の崖、砂地

  • 花期
  • : 9〜11月

  • 撮影月日・場所

  •  1984年11月4日 茨城県高萩市
     下  同 上

  • 撮影記

  •  晩秋の茨城の海岸、真っ青な海をバックにこの花が咲き誇っている。崖の上にもあるものの、花つきのいい株は崖の途中に多い。身を乗り出すようにして撮影した。
     青森県から茨城県にかけての太平洋岸だけに咲くこの花、花が少なくなり出かける場所に悩む時期に咲いてくれるので、hanamistにとってはありがたい花である。
     あたりには、花シーズンの最後を締めくくるかのように、コハマギクやツワブキも満開だった。

    同じ科の仲間の花
花アップ