ハチジョウアザミ(八丈薊)

Cirsium hachijoense


ハチジョウアザミ

  • 科名・属名
  • : キク科 アザミ属

  • 特徴

  •  草丈70〜150cmの多年草。
     根出葉は普通花時には枯れるが、生育地によっては葉の残るタイプもある。
     茎葉は卵形〜倒卵形、下部に大型でやや肉質のものがつき、刺があまり発達しないのが特徴である。
     頭花は点頭または斜上し、紅紫色で径約3cm。総苞は椀形〜鐘形、総苞片は長く開出〜大きく反曲するものから、先端が短くて開出するものなど変異が多い。
     花の白いものがあり、
     ● シロバナハチジョウアザミ(仮称)という。

  • 分布・生育地

  •  本州(伊豆諸島)  常緑樹林内、林縁

  • 花期
  • : 9〜11月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年10月10日 東京都八丈島
     中・花、下・シロバナ   同 上

  • 撮影記

  •  伊豆諸島に分布するアザミで、この花に出会った八丈島では、内陸部の山道路際に咲いていた。
     この花について詳しく調査した記録を見ると、八丈島では海岸部にハマアザミがあり、内陸部に生えるこの花と住み分けているようだ。
     また、道路際で見た株は根出葉はあったが、林内などに生えるものは花時に根出葉は枯れるようだ。
     総苞片もこの写真ではイガアザミのように長くて反曲しているが、短くて開出するものもあるなど、葉や花に変化の多いアザミである。
     アザミを撮影した後林下に入ると、シュスラン類の咲き残りが見られた。

    同じ科の仲間の花
花

シロバナハチジョウアザミ