イナムラヨモギ(稲村蓬)

Aetemisia princeps × momoiyamae


イナムラヨモギ

  • 科名・属名
  • : キク科 ヨモギ属

  • 特徴

  •  草丈約1mの多年草。
     茎は叢生し、下部からよく分枝する。
     ユキヨモギヨモギの雑種で、葉は緑〜灰白色で全裂するが、色や切れ込みや裂片の幅など両者の中間の形態となる。
     頭花は円錐花序に多数つき、径約2mm。

  • 分布・生育地

  •  本州(神奈川県)  海岸の岩場、草地

  • 花期
  • : 10〜11月

  • 撮影月日・場所

  •  1994年10月29日 神奈川県鎌倉市

  • 撮影記

  •  ユキヨモギヨモギの雑種のため、形態も一定しないため判断に苦しむ。
     湘南海岸のユキヨモギの自生地では純粋のユキヨモギは少なく、この雑種のほうが多いと言われている。
     写真の株も葉の色がやや緑掛っていることからこの花としたが、同定は??だ。

    同じ科の仲間の花