ユキヨモギ(雪蓬)

Artemisia momiyamae


ユキヨモギ1

  • 科名・属名
  • : キク科 ヨモギ属

  • 特徴

  •  草丈約1mの多年草。
     茎は叢生し、下部からよく分枝する。
     下部の葉は長楕円形で、長さ12cm、幅6cm。羽状全裂し、裂片はさらに中裂する。中部の葉はやや小さく、羽状に全裂する。葉の表面には密にくも毛があり、裏面には綿毛が密生する。
     頭花は円錐花序に多数つき、径約2mm。総苞片は3列、密に白い綿毛がある。

  • 分布・生育地

  •  本州(神奈川県、伊豆七島)  海岸の岩場、草地

  • 花期
  • : 10〜11月

  • 撮影月日・場所

  •  1994年10月29日 神奈川県
     下   同 上

  • 撮影記

  •  鎌倉や三浦半島の一部の海岸に、シロヨモギをもっと銀白色にしたような蓬がわずかに見られる。
     ヨモギに比べると葉の色だけでなく、裂片の幅もやや広い。
     秋も深まった頃、花を見るために現地へ出かけた。簡単に見つかるだろうと思ったが、ヨモギとの雑種といわれるイナムラヨモギと呼ばれる緑がかった葉の株は見られるが、銀白色の純粋な株はほとんどない。
     探し回ってやっと本種と思われる株を見つけ、ホッとした。
     地味なヨモギの仲間では珍しく観賞価値があり、採取され、当時でもわずかしか見られなかったが、今ではかなり危険な場所でしか純粋種は見られないようだ。

    同じ科の仲間の花
ユキヨモギ2