コシロノセンダングサ(小白の栴檀草)

Bidens pilosa var. minor


コシロノセンダングサ1

  • 科名・属名 : キク科 センダングサ属

  • 特徴 :
     草丈0.5〜1mの1年草。帰化。
     葉は下部は対生、上部は互生し、中部の葉は長さ17〜19cm、3全裂または羽状全裂する。葉の両面にまばらに毛があり、頂小葉の先端は細く尖る。
     頭花は枝先につき、長さ5〜8mmの白い舌状花が5〜7個と、黄色の筒状花からなる。総苞片はへら形で先が尖る。
     果実(痩果)は倒卵状長楕円形、先に(2-)3〜4本の刺がある。
     別名 シロバナセンダングサ、シロノセンダングサ

  • 分布・生育地 :
     帰化(熱帯アメリカ原産) (国外:世界の暖帯〜熱帯域に広く帰化)
     荒地、川原

  • 花期 :   9〜11月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体1 2009年11月15日  東京都日野市
     中上・全体2 2005年10月23日  東京都八王子市
     (上、中上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中中・花1 2009年11月15日  東京都日野市
     中下・花2 2017年10月8日  神奈川県川崎市
     左下・総苞、以下全て    同  上

  • 撮影記 :
     コセンダングサには花弁がないのに対し、小さな白い花弁を持つのがこの花で、変種の位置づけとなっている。
     どちらもあまりパッとしない花であるが、花弁があるなしで印象は大きく変り、こちらはいかにも花らしく見える。
     沖縄などの暖地にあるオオバナノセンダングサ(タチアワユキセンダングサ)と比べると、白い舌状花の部分がかなり小さいので、見間違えることはないだろう。

  • 葉

    茎

    同じ科の仲間の花
コシロノセンダングサ2

花1

花2

総苞