タイワンハチジョウナ(台湾八丈菜)

Sonchus arvensis


タイワンハチジョウナ

  • 科名・属名 : キク科 ノゲシ属

  • 特徴 :
     草丈60〜120cmの多年草。帰化。
     茎は直立して先で分枝し、無毛。
     葉は下部につき、披針形で全縁または羽裂する。縁には刺状の細かい鋸歯があり、基部は茎を抱く。
     花は茎頂に数個〜多数、散房状につき、黄色で径2〜2.5cm。総苞には綿毛がある。

  • 分布・生育地 :
     帰化(ヨーロッパ原産)
     沖縄 (国外:ヨーロッパ〜アジア)
     道端、荒地

  • 花期 :   ほぼ1年中

  • 撮影月日・場所 :
     2006年4月15日  沖縄県国頭郡
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・花 2015年3月26日    同  上
     下左・果実 2016年5月13日  沖縄県国頭郡
     下右・葉 2005年4月24日  沖縄県与那国島

  • 撮影記 :
     与那国島の道端でヒョロヒョロと背の高いノゲシの仲間を見かけた。1m近くある花茎の先にノゲシのような花がつき、下のほうに細長い葉がまとまってついていた。
     この島にはハチジョウナが分布しない代わりにこの花があると知っていたのですぐにわかったが、生えている場所も咲き方も今一つ、記録的に撮影しただけだった。
     道端の帰化植物は何となく撮影意欲がわかない。その後、沖縄島の道端でやっとまともに撮影した。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花

果実