エチゴルリソウ(越後瑠璃草)

Omphalodes krameri var. laevisperma


エチゴルリソウ

  • 科名・属名
  • : ムラサキ科 ルリソウ属

  • 特徴

  •  草丈20〜40cmの多年草。
     茎は開出毛が多い。葉は少なく、中部の葉が根出葉より大きく、倒披針形で長さ7〜15cm。細毛がある。
     花序は頂生し、基部で2裂する。花は下垂する小花柄の先に、直径1cm、濃青色の花をつける。
     分果の縁にはかぎ状の刺がない。

  • 分布・生育地

  •  本州(新潟〜福島県) 山地の林下

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2008年5月11日 新潟県柏崎市
     中・花、下・分果 同 上

  • 撮影記

  •  以前この花をアップした時、何となくヤマルリソウに似た感じで、ルリソウに似ているというイメージがあっただけに、少し気がかりと記した。
     その後色々な情報が入ってくると、図鑑には新潟から北陸に分布しているとされるこの花、新潟県と福島県の一部にしか分布していない(石澤岩央・大原隆明氏の研究)ようで、いつか本物を撮影し差替えしたいと思っていた。
     花仲間から新潟県のYさんを紹介してもらい、花期としては少し遅い5月中旬現地に向かった。
     山越えの道、谷には大量の残雪、天気も雨で不安が募る。現地に着き電話しようとするが、携帯は区域外表示、公衆電話はない。途方にくれたが、住所を頼りに何件かの家で聞き、やっとたどり着いた。
     Yさんの案内で自生地へ。咲いていた花はルリソウそっくりの花だった。分果も写真では一部しか見えないが、縁が滑らかで刺状の突起のないことがわかる。これでやっと気分がすっきりした。

    同じ科の仲間の花
花アップ

分果アップ