ハダカホオズキ(裸酸漿)

Tubocapsicum anomalum


ハダカホオズキ

  • 科名・属名
  • : ナス科 ハダカホオズキ属

  • 特徴

  •  草丈60〜90cmの多年草。
     茎は直立して多くの枝を分け、無毛。
     葉は単葉で、卵形〜卵状長楕円形、長さ6〜23cm、幅3〜9cm。先は鋭く尖り、下部は狭まって柄になる。
     花は葉腋から細い柄を出し、数個下向きに咲く。花冠は杯形で5裂し、淡黄色、径約8mm。
     果実(液果)は球形で径8〜10mm、赤熟する。

  • 分布・生育地

  •  本州〜沖縄  やや湿った林縁

  • 花期
  • :  8〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2007年9月2日  東京都高尾山
     中・花    同  上
     下・果実 2006年11月5日 神奈川県三浦市

  • 撮影記

  •  前年高尾山で株を見つけ、1年後やっと花をアップできた。
     この時期、何度もここを訪れていたのに気がつかずにいたが、何ヶ所にもあるのに気がついた。
     図鑑などで知っていても、実物を見てみないとイメージが沸かないことが多く、一度わかると急に目に入ってくることはよくある。
     ハダカホオズキの名の通り果実が裸であることが特徴で、赤熟する果実の姿も美しく(下の写真)、果実が萼に包まれるヤマホオズキイガホオズキと属も異なっている。

    同じ科の仲間の花
花

果実