イヌヌマトラノオ(犬沼虎之尾)

Lysimachia×pilophora Honda


イイヌマトラノオ

  • 科名・属名
  • : サクラソウ科 オカトラノオ属

  • 特徴

  •  草丈70〜100cmの多年草。
     オカトラノオヌマトラノオ の雑種で、葉は倒披針状長楕円形で先は尖る。花序は15〜30cmで直立し、花軸に毛がある。
     花は白色。

  • 分布・生育地

  •  本州(関東北部) 湿った草地

  • 花期
  • : 7月

  • 撮影月日・場所

  •  2001年7月20日 栃木県日光市

  • 撮影記

  •  ある本で栃木県北部にこの花があると知り出かけた。
     暑い中道路を歩きながら、それらしい小道があると入って湿地を探してみる。途中出てくるのはオカトラノオが多い。
     ある小道を入った湿地で、やや穂先の曲がったヌマトラノオが見える。近づいてみると、どうやらこれがイイヌマトラノオ らしい。しかし、オカに似たものやヌマに似たものなどいろんなタイプがあり、どうにも本種であるという自信がもてない。

    同じ科の仲間の花