チチブイワザクラ(秩父岩桜)

Purimura reinii var. rhodotricha


チチブイワザクラ

  • 科名・属名
  • : サクラソウ科 サクラソウ属

  • 特徴

  •  草丈5cm程度、コイワザクラの変種で、 花茎や葉柄に赤い毛が生えるのが特徴。
     シナノコザクラの変種との説もある。
     花は紅紫色であるが、下の写真のように、中には白花もあり
     ●シロバナチチブイワザクラ(学名未定)という。

  • 分布・生育地

  •  本州(埼玉県武甲山)(固有)
     石灰岩の岩場

  • 花期
  • : 5月

  • 撮影月日・場所

  •  1995年5月3日 埼玉県武甲山
     シロバナ  同 上
     下は拡大写真あり(写真をクリック)

  • 撮影記

  •  埼玉県秩父市の武甲山の岸壁にのみ生えている。ただ、この山は全山石灰岩でできており、セメント用の採掘現場にあるため普通は近づけない。。
     ある時、現地に行く機会がありお目にかかることができた。
     切り立った石灰岩の岸壁の隙間に点々と咲いていて、近づいてみると特徴である褐色の毛が目だった。
     ただ、見上げるような岸壁で時たま落石もあり、命がけの撮影だった。

    同じ科の仲間の花 
シロバナチチブイワザクラ