ヒメキセワタ(姫着せ綿)

Lamium tuberiferum


ヒメキセワタ

  • 科名・属名 : シソ科 オドリコソウ属

  • 特徴 :
     草丈10〜25cmの多年草。
     茎はやや軟弱で、地下茎を伸ばして増える。
     葉は三角形〜菱形広卵形で、長さ1.5〜3cm、幅1〜2cm。縁には4〜7対の鈍い鋸歯があり、両面有毛。
     花は上部の葉腋に1〜3個つき、花冠は唇形花、淡紅色で長さ1.5〜2cm。外面に粗い毛がある。

  • 分布・生育地 :
     九州(南部)〜沖縄   草地

  • 花期 :  1〜5月

  • 撮影月日・場所 :
     1994年3月19日  鹿児島県奄美大島
     (上は拡大写真あり。写真をクリック)
     中・花1    同  上
     下左・花2 2015年4月7日    同  上
     下右・葉    同  上

  • 撮影記 :
     奄美大島の沢沿い、廃屋の基礎だけが残る湿り気の多い草むらは、絶好のハブの住家に思えた。
     慎重に草を掻き分けヤンバルキヌランを撮影し終え、腰を伸ばし目を向けた林下に白い花が見えた。淡紅色を帯びた白いシソ科の花、本種だと教えられた。
     姫の名にもかかわらず、キセワタとは花の感じも付き方も違う。それもそのはず、キセワタとは属も異なっていた。
     暗い林下で場違いなほど清楚な白は、より印象的に感じられた。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花1

花2