コバノガマズミ(小葉のがまずみ)

Viburnum erosum


コバノガマズミ

  • 科名・属名 : スイカズラ科 ガマズミ属
     注.APG分類ではレンプクソウ科(ADOXACEAE)

  • 特徴 :
     高さ2〜4mの落葉低木。
     枝はよく分枝し、樹皮は灰褐色。
     葉は対生し、卵形〜倒卵状長楕円形で、長さ4〜9cm、幅2〜4cm。先は鋭頭〜尾状鋭尖頭、基部は広いくさび形〜円形、縁には不整な鋭い鋸歯がある。両面に星状毛があり、裏面主脈上に長い伏毛がある。葉柄は長さ2〜6mmと短く、針状の托葉がある。
     花は枝先に3〜7cmの散房花序をだし、小さな花を多数つける。花冠は白色、車状で、径5〜7mm、5深裂し平開する。
     果実(核果)は球形〜楕円形で、長さ5〜7mm、暗赤色に熟す。

  • 分布・生育地 :
     本州(福島県以西)〜九州  丘陵地〜山地

  • 花期 :  4〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     2012年5月24日 滋賀県高島市
     中・花、下・葉    同  上

  • 撮影記 :
     林道の傾斜はそうきつくはないが、夜行バスでの不十分な睡眠のせいか何となく身体が重い。
     最初に目に入ったのがこの花、休憩も兼ねてザックを下ろしカメラをセットする。
     花序も葉も小振りなガマズミと風情のこの花、図鑑で引くとガマズミミヤマガマズミに似ているものの、葉柄が短く、針状の托葉があるのが違いとされている。しかし、葉の幅が狭いので一見して感じが異なる。
     このあと道端にミヤマガマズミも現れ、この花との葉の形の違いを実感した。

  • 同じ科の仲間の花
花

葉