ワレモコウ(吾木香)

Sanguisorba officinalis


ワレモコウ1

  • 科名・属名
  • : バラ科 ワレモコウ属

  • 特徴

  •  草丈30〜100cmの多年草。
     茎は上部でよく分枝し無毛。
     葉は奇数羽状複葉で5〜13個の小葉からなり、小葉は楕円形〜長楕円形で長さ2.5〜5cm。先は丸く三角形の鋸歯がある。
     花は枝の先に穂状花序となり、花序は楕円形で長さ1〜2cm。花は暗赤紫色で花弁はなく、先のほうから咲き始める。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州
     山野の日当たりのいい草地

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年8月11日 長野県八方尾根
     中 1980年9月14日 群馬県甘楽郡
     下 2008年9月15日 東京都多摩市

  • 撮影記

  •  秋の山野で見かける紫褐色で楕円形の花、その面白い形から生け花にも使われているのを目にする。
     写真ではわかりにくいが、花は段々に咲き、咲いた部分は淡紅紫色になるが、注意していないと咲いているかどうかわからない。
     この花とカライトソウの雑種であるハッポウワレモコウを探しに出かけた八方尾根、雑種のほうは遊歩道からで自信はないが、片一方の親のこの花は確認できた。

    同じ科の仲間の花
ワレモコウ2

花アップ