ムラサキベンケイソウ(紫弁慶草)

Hylotelephium pallescens


ムラサキベンケイソウ

  • 科名・属名

  •  ベンケイソウ科 ムラサキベンケイソウ属

  • 特徴

  •  草丈20〜50cmの多年草。
     茎は直立するか斜上する。
     葉は互生または対生し、楕円状卵形〜狭卵形で長さ3〜8cm、幅1.2〜3.5cm。帯粉し深緑色で柄がない。縁には多数の低い鋸歯がある。
     花序は茎頂に散房状につき、花弁は濃紅紫色。裂開前の葯は赤褐色。

  • 分布・生育地

  •  北海道、本州(長野県) 海岸の草原や崖

  • 花期
  • : 8〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  1991年8月18日 北海道根室市

  • 撮影記

  •  最近、長野県にも隔離分布が発見されたという話をきいたが、やはりこの花は濃紺色のオホーツク海を望む道東の海岸線がよく似合う。
     8月も半ばを過ぎると、夏の間あれだけ多かった観光客の姿もほとんど見ることもなく、原生花園に花は見えない。
     しかし、やや黄ばんだ草地を丹念に歩くと、シコタンヨモギなどキク科の地味な花やツリガネニンジンなどが見られ、時にはびっくりするほど豪華なこの花に出会えることもある。

    同じ科の仲間の花