ヤエヤマヒルギ(八重山漂木)

Rhizophora mucronata



  • 科名・属名
  • : ヒルギ科 ヤエヤマヒルギ属

  • 特徴

  •  高さ10〜12mの常緑高木。
     幹の下部から太い気根を多数出し、タコ足状になって支えにしている。
     葉は対生し、長楕円形〜楕円形で長さ10〜20cm、幅4〜6cm。質は厚い革質で光沢があり、先は鈍頭で微凸頭、全縁で無毛。葉柄は2〜4cm。
     花は葉腋から2叉状に分枝する集散花序となって5〜8個つき、萼片は4個で黄白色、長さ1.3〜1.9cm、裂片は三角形。花弁は4個で白色、舟形で長さ約9mm、内面に細かい毛が生える。
     果実は卵形で長さ2〜3cm、種子(胎生種子)の胚軸は根棒状で長さ20〜40cm。
     別名 オオバヒルギ

  • 分布・生育地

  •  沖縄  海岸や河口の泥地

  • 花期
  • : 8〜9月(ほぼ一年中?)

  • 撮影月日・場所

  •  2009年12月19日 沖縄県西表島
     中・花 2012年9月1日    同 上
     下・果実   同 上

  • 撮影記

  •  マングローブ林を構成する樹種の中ではもっとも海際の最前線に生え、時には海の中に単独でポツンと生えている姿を目にする。
     オヒルギメヒルギと同じヒルギ科の木本であるが、幹の根元のタコ足状の支柱根で見間違えることはないだろう。
     日本では八重山諸島の泥地で大きな群落が見られるが、高さはせいぜい10m程度、しかし熱帯では高さ30mくらいの大木になるものがあるようだ。

    同じ科の仲間の花