ツルノゲイトウ(蔓野鶏頭)

Alternanthera sessilis


ツルノゲイトウ

  • 科名・属名
  • : ヒユ科 ツルノゲイトウ属

  • 特徴

  •  長さ50cm程度の1年草。帰化。
     茎は匍匐し、丸くてよく分枝し、節に白い縮毛がある。
     葉は対生し、倒披心形〜長楕円形で、長さ2〜5cm、幅0.5〜1.5cm。鈍頭で基部はくさび形。
     花は1〜数個、葉腋につき、球形で多数の花がつく。花被片は5個、無毛で白色、やや光沢がある。
     種子は径1mm、赤褐色で光沢がある。

  • 分布・生育地

  •  帰化(南アメリカ原産)
     田の畦、明るい湿地

  • 花期
  • : 7〜9月(暖地では5〜11月)

  • 撮影月日・場所

  •  2004年12月12日 沖縄県西表島
     下・花 2004年9月12日 徳島県海部郡

  • 撮影記

  •  ホソバツルノゲイトウとよく似た花で、稲刈り後の田んぼや湿地など、同じような場所に生えている。違いはこの花の葉が長楕円形であることで、一見して判断できる。
     どちらも南アメリカ原産といわれる帰化植物で、以前は南の島の水田で見かけただけであったが、最近の生育域は本州(関東地方以南)とされている。
     また、花に柄のあるナガエノツルノゲイトウも急激に勢力を伸ばしているようで、そのうち、田んぼの自生種は、帰化種に駆逐されてしまうのではないかと心配になる。

    同じ科の仲間の花
花