イブキフウロ(伊吹風露)

Geranium yesoense var. lobatodentatum


イブキフウロ

  • 科名・属名
  • : フウロソウ科 フウロソウ属

  • 特徴

  •  草丈30〜60cmの多年草。
     茎は基部で倒伏し、全体に毛が少ない。
     葉は掌状に5深裂し、裂片はさらに3中裂する。
     花は直径約2.5〜3cm、紅紫色で花弁の先が切れ込む。萼片には開出毛が散生する。

  • 分布・生育地

  •  本州(中部地方) 亜高山の草原

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1987年8月9日 滋賀県伊吹山

  • 撮影記

  •  伊吹山にはイブキノエンドウ、イブキトリカブトなどここで見つけられ、イブキの名がついた植物が多い。
     本種もそのひとつで、山頂草原に花弁の先が切れ込んだ特徴あるピンク色の花が点々と見られる。

    同じ科の仲間の花