ルイヨウショウマ(類葉升麻)

Actaea asiatica


ルイヨウショウマ

  • 科名・属名

  •  キンポウゲ科 ルイヨウショウマ属

  • 特徴

  •  草丈40〜70cmの多年草。
     茎は分枝せず、葉は2〜4回3出複葉で、小葉は卵形〜狭卵形で長さ4〜10cm。時に3裂し、質は薄く鋭尖頭で、縁には鋭い鋸歯がある。
     花は茎頂に短い総状花序となり、白色の花を多数つける。花弁は4〜6個、ヘラ形で基部は爪状になり、長さ2〜3mm、萼片は花弁状で長さ約3mm。雄蕊は長さ4〜6mm。萼片、花弁とも花時には落ちる。
     果実(腋果)は球状で径約6mm、黒熟する。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州  山地林下

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  1996年6月1日 長野県南佐久郡
     中・花 2012年6月4日 長野県長和町
     下・葉 2012年6月3日 山梨県八ヶ岳

  • 撮影記

  •  初夏の頃、山地の林下で時々見かけるが、どういうわけかほとんど撮影していなかった。
     幸いにも、長野県に隔離分布するナンブワチガイソウクロバナウマノミツバを撮影に行った際、何となく撮っていた一枚があった。
     花のアップや葉の様子も撮影せねばと長いこと思っていたが、2012年、やっと花と葉を撮影することができた。
     この花の花弁や花弁状の萼片は、花時には落ちてしまい草落性といわれるが、花のアップ(中の写真)では、よく目立つ雄蕊の根元に、へら状の花弁がまだ付いているのが確認できる。

    同じ科の仲間の花
花

葉