トウゴクサバノオ(東国鯖之尾)

Dichocarpum trachyspermum


トウゴクサバノオ

  • 科名・属名
  • : キンポウゲ科 シロカネソウ属

  • 特徴

  •  草丈10〜20cmの多年草。
     茎につく葉は対生し、広卵形か倒卵形で分裂し鋸歯がある。
     花は淡緑黄色〜白色で全開せず、やや垂れ下がって咲く。

  • 分布・生育地

  •  本州(宮城県以南)、四国、九州
     暖帯林の林下

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2003年4月13日 東京都高尾山

  • 撮影記

  •  春先高尾山の谷筋を歩くと、カントウミヤマカタバミヒカゲスミレなどとともにこの花が見られる。それらに比べるとはるかに小さいこの花であるが、近づいてみると淡い黄色の花は美しい。
     最近、カメラを持った植物撮影の中年グループをよく見かける。見ているとこんな小さな花にはあまり目もくれず通り過ぎるグループが多い。

    同じ科の仲間の花