ヒナアズキ(雛小豆)

Vigna riukiuensis


ヒナアズキ

  • 科名・属名
  • : マメ科 ササゲ属

  • 特徴

  •  つる性の多年草。
     葉は3小葉からなり、小葉は倒卵形〜楕円形で、長さ2〜4cm、幅1.2〜2cm。中央部かそれよりやや上部が最も幅広い。
     花は葉腋に総状花序となり5〜8花つき、黄色で長さ約1cm。竜骨弁はねじれる。
     豆果は線形で、長さ3.5〜4,5cm、無毛。種子のへそには縦溝がある。
     別名 コバノツルアズキ

  • 分布・生育地

  •  沖縄  草地、荒地

  • 花期
  • : 1年中

  • 撮影月日・場所

  •  2005年4月22日 沖縄県石垣島
     アップ 2004年3月25日 沖縄県西表島

  • 撮影記

  •  花の色や形はオオヤブツルアズキによく似ているが、小葉の一番広くなった部分が、オオヤブツルアズキでは基部に近いところにあるのに対し、真ん中かやや先端寄りにあるのが相違点である。葉の大きさも全体的に小さい。
     初めはよくわからなかったが、南の島では比較的よく見られ、そのうち簡単に見分けられるようになる。
     また、同じように黄色い花をつけるハマアズキとは、本種の竜骨弁がねじれているので見分けるのは容易である。

    同じ科の仲間の花
花・豆果