トキワヤブハギ(常盤藪萩)

Desmodium leptopus


トキワヤブハギ1

  • 科名・属名
  • : マメ科 ヌスビトハギ属

  • 特徴

  •  高さ50cm程度の常緑の亜低木。
     葉は3小葉からなり、頂小葉は卵形〜卵状楕円形で、長さ6〜10cm、幅3〜5cm。側小葉は頂小葉よりやや小さい。
     花は茎頂に総状花序にまばらにつき、花冠は淡紅白色で、長さ5〜6mm。
     莢果は2〜3の小節果からなり、小節果は長さ12〜18mm、幅4〜6mm。

  • 分布・生育地

  •  九州(種子島、屋久島以南)〜沖縄
     林下のやや暗い所

  • 花期
  • : 8〜11月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年10月1日 沖縄県石垣島
     中 2009年9月28日   同 上
     下左・花 2005年9月25日 沖縄県国頭郡
     下右・果実 2004年10月1日 沖縄県石垣島

  • 撮影記

  •  秋〜初冬にかけて八重山諸島の常緑樹林下に可愛らしいヌスビトハギの仲間が淡いピンクの花を咲かせる。
     この仲間は本種とリュウキュウヌスビトハギの2種類あって、どれもよく似ていて同定に苦労する。
     本種は、頂小葉が卵形の点が、やや細長いリュウキュウとの違いであることや、小節果の大きさも本種のほうが大きいという違いがあるとされている。
     いずれにしても、本土に多いヌスビトハギに比べると花付きがまばらで、おとなしい感じのする花である。

    果実アップ

    同じ科の仲間の花
トキワヤブハギ2

花アップ