オオバイカイカリソウ(大梅花碇草)

Epimedium setosum


オオバイカイカリソウ

  • 科名・属名
  • : メギ科 イカリソウ属

  • 特徴

  •  草丈25〜40cmの多年草。
     葉は1〜2回2出複葉、小葉は卵状長楕円形で長さ4〜10cm、縁には刺毛がある。
     花は白色で距がない。バイカイカリソウトキワイカリソウの雑種といわれている。

  • 分布・生育地

  •  本州(中国地方)
     山地林下(主として石灰岩地)

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2003年4月27日 広島県帝釈峡

  • 撮影記

  •  中国地方の石灰岩地に見られ、渓谷の林下で咲く清楚な花は好きな雰囲気である。
     イカリソウの仲間は雑種が多く、この花も雑種であると言われている。
     遺伝子分析などで雑種起源がはっきりするのはいいことであるとは思う。
     しかし、これまで1つの種として認識していた植物が雑種であると言われると、なんだか寂しい気がする。