バイカイカリソウ(梅花碇草)

Epimedium diphyllum


バイカイカリソウ

  • 科名・属名
  • : メギ科 イカリソウ属

  • 特徴

  •  草丈20〜30cmの多年草。
     葉は1〜2回2出複葉で小葉は卵形、長さ3〜5cm。縁の刺毛はないか少ないく、裏面の毛も少ない。
     花は白色で10〜12mmと小さく、数個総状につける。距はない。

  • 分布・生育地

  •  本州(中国地方)、四国、九州
     草原、林縁

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年5月1日 大分県大分郡
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  春の由布岳は、山焼きのあとの見渡すかぎりの草原にサクラソウキスミレエヒメアヤメなど春の花が各所に一斉に花を咲かせる。
     この花はそんな草原のなか、草の陰に隠れるように小さな白い花をうつむき加減に咲かせている。
     花をよく見ようと地面に張り付くと後が大変、山焼きの黒い灰が、手や足だけでなく服のあちこちに真っ黒くついてしまった。

    同じ科の仲間の花
花