サイコクイカリソウ(西国碇草)

Epimedium kitamuranum


サイコクイカリソウ

  • 科名・属名
  • : メギ科 イカリソウ属

  • 特徴

  •  草丈20〜30cmの多年草。
     葉は複葉で、2出しそれぞれ3葉をつける。小葉は卵状〜卵状楕円形で、縁には刺毛がある。葉の上面に毛があるのが特徴である。
     花は総状花序となり、白色で距はない。
     バイカイカリソウの亜種とされるが、広い意味でイカリソウなどの雑種とも考えられている。

  • 分布・生育地

  •  本州(近畿の一部)、四国(徳島、高知県)
     山地の松林やカシの林下

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年4月17日 高知県香美郡
     下  同 上

  • 撮影記

  •  高知県のある山間部にこの花があると知り出かけた。この辺だろうと山道に入ると、雑木林の下にこの花が群生していた。
     葉の上面に短い毛があるのが特徴とされているが、写真ではわかりにくい。
     暖かな春の日でも風は強く、小さな花は揺れて撮影には大分時間がかかり、いつの間にか昼時を大きく過ぎていた。
花アップ