ナンゴクハマウド(南国浜独活)

Angelica japonica var. hirsutiflora


ナンゴクハマウド

  • 科名・属名
  • : セリ科 シシウド属

  • 特徴

  •  草丈1〜1.5mの多年草。
     葉は1〜2回3出複葉で、小葉は三角状広卵形で長さ2〜5cm、幅1〜3cm。やや多肉質で先端は円く、縁には鋸歯がある。
     花は枝先に5〜25cmの複散形花序となり、白色で小さな花を多数つける。
     果実は広楕円形でやや小さく、翼がやや厚い。
     ハマウドに似るが、葉が大きく、小葉が三角状広卵形、果実が小形で翼がやや厚いというのが異なる点とされている。

  • 分布・生育地

  •  沖縄  砂浜や海岸近くの草地

  • 花期
  • : 3〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年4月22日 沖縄県石垣島
     下・花  同 上

  • 撮影記

  •  春の石垣島、テッポウユリで有名なある岬に立ち寄ってみた。
     一面白の絨毯を期待したのだが、花はポツポツしかさいていない。しかも、岩場の自生はともかく、芝生に植えられた状態ではカメラを向ける気もしない。
     何か咲いていないかと探すと、崖の上にハマウドを見つけた。沖縄なら亜種かもと同行した花仲間に尋ねると、別亜種という見方と本土と同一という見方があるとのこと。分ける方に一票いれ撮影した。

    同じ科の仲間の花