ヒルギモドキ(漂木擬)

Lumnitzera racemosa


ヒルギモドキ

  • 科名・属名
  • : シクンシ科 ヒルギモドキ属

  • 特徴

  •  高さ3〜4mの常緑小高木。
     葉は枝の先端に集まって互生し、狭倒卵形〜倒披針形で長さ2.5韓cm。質は多肉質でやや光沢があり、先は円頭または凹頭、全縁時に波状の小鋸歯がある。
     花は葉腋に総状花序となり、白色で径約1cm、花弁は長楕円形で5個。萼は長楕円状円筒形で緑色、長さ5〜6mm、萼歯は5個で短い。
     果実は長楕円形で長さ約1.5cm、緑色、萼歯が宿存する。

  • 分布・生育地

  •  沖縄  海岸のマングローブ林

  • 花期
  • : 3〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年6月12日 沖縄県西表島
     下・花 2004年10月2日   同 上

  • 撮影記

  •  日本のマングローブの構成種の1つであるが、比較的少ないうえにマングローブ林の内陸部に生育するため目立たない。
     熱帯地方では10mを超えるような高さにまで育つようであるが、沖縄はせいぜい3〜4mである。
     西表島の生育地では、オヒルギ林の林縁、イボタクサギに囲まれるように生えていた。

    同じ科の仲間の花
花