アルガスミレ(有賀菫)

V. mandshurica × V. hirtipes


アルガスミレ

  • 科名・属名
  • : スミレ科 スミレ属

  • 特徴

  •  草丈5〜20cmの多年草。
     スミレサクラスミレの雑種。
     葉は長楕円状披針形〜卵状披針形で、両者の中間形で、裏面はいくらか紫色を帯びる。毛は無毛なものから短毛が密生するものまである。
     花は濃紫色〜濃赤紫色で、径1.5〜2.3cm。サクラスミレ状の開き方をするものが多く、側弁の基部には長白毛が密生する。距は円筒形で長さ6〜7mm。

  • 分布・生育地

  •  本州(長野県) 明るい草地・樹林下

  • 花期
  • : 4月下旬〜6月上旬

  • 撮影月日・場所

  •  2013年6月6日 長野県霧が峰
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  別荘や保養所の間に広がる疎林地、所々笹の薄い場所にサクラスミレキリガミネスミレが点々と見られる。
     ただ盛期を過ぎているため花の終わっている株が多く、ちょっとカメラを向ける気にはなれない。
     そんな中に、ほぼ終わりがけのこのスミレを見つけた。花はスミレに似ているが、葉や基部形が異なる。
     スミレサクラスミレの雑種のこの花だろうと推測したが、図鑑にもあるように判別は難しく、100%の自信を持って同定できなかった。

    同じ科の仲間の花
花