フギレコスミレ(斑切小菫)

V. eizanensisi×V. japonica


フギレコスミレ

  • 科名・属名 : スミレ科 スミレ属

  • 特徴 :
     草丈5〜10cmの多年草。
     エイザンスミレコスミレの雑種。
     葉はやや丸みのある卵形〜長三角形で、葉身は長さ1.5〜5cm、葉柄は2〜8cm。縁に不規則な切れ込みがある。
     花は直径1.5〜2cm、淡青紫色〜紫色に近いものまである。側弁は有毛と無毛の両方がある。

  • 分布・生育地 :
     本州〜九州   山地林縁、道端

  • 花期 :  4〜5月

  • 撮影月日・場所 :
     2015年4月22日  群馬県
     中・花、下・葉    同  上

  • 撮影記 :
     エイザンスミレコスミレの雑種。
     どちらもよく見かけるスミレにもかかわらず、雑種のこの花を目にすることは少ない。
     群馬県の林道際の林縁、花は最初半開状態だったので2日間続けて通うことになった。
     ただ、青紫〜紫系統の色は、フィルムでもデジタルでもなかなか本当の色が出せないのが残念だ。

  • 同じ科の仲間の花
花

葉