コマガタケスミレ(駒ケ岳菫)

V. mandshurica × V. sieboldi


コマガタケスミレ

  • 科名・属名
  • : スミレ科 スミレ属

  • 特徴

  •  草丈5〜10cmの多年草。
     スミレフモトスミレの雑種で木曽駒ケ岳で発見された。
     葉は長楕円状披針形〜卵状披針形で、質はやや厚く、表面に短毛が密生し、ややビロード状。裏面にも少し毛がある。
     花は淡紅紫色で、径1〜1.5cm、側弁は有毛。距は長さ3〜4mmで袋状。

  • 分布・生育地

  •  本州(長野県) 山地の草地
     (注.混生地ではどこでも見つかる可能性あり)

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2007年5月27日 長野県
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  スミレフモトスミレの雑種とされるこの花、発生も少ないうえに花付きも悪いようで、教えてくれた花仲間も花の撮影には苦労していた。私も花には出会えていなかった。
     花期は少し早いようで、高原の多くのスミレの適期には終わっていることが多い。ただ、今年の花期は遅れており、今の時期でいいのではと出かけてみた。
     運がいいというかツイテいるというか、珍しく2花もつけ葉も痛んでいない素晴らしい開花に出会えた。毛深い葉が印象的だった。

    同じ科の仲間の花