シマジリスミレ(島尻菫)

Viola okinawensis


シマジリスミレ1

  • 科名・属名
  • : スミレ科 スミレ属

  • 特徴

  •  草丈8〜12cmの多年草。
     根生葉は数多く付き、長さ2〜4cmの心形。葉質はオキナワスミレ同様、厚く濃緑色〜緑色で光沢があり、無毛。
     花は直径1〜1.3cmで淡紫色が基本であるが、白色に近いものが多い。
     エゾノタチツボスミレのように側弁は短毛があり、花柱にも突起毛がある。距の末端中央に溝のあるものが多い。ただ、側弁や花柱の毛や突起のないものもある。

  • 分布・生育地

  •  沖縄県(固有) 石灰岩の岩場

  • 花期
  • : 2〜4月

  • 撮影月日・場所

  •  2011年2月20日 沖縄県
     中、下・花 2004年3月5日   同 上

  • 撮影記

  •  沖縄はスミレの種類が少ないが、野生絶滅種のオリズルスミレやオキナワスミレ、それに本種など希少な固有種が多い。
     よく似たオキナワスミレが海岸の岩場に生えるのに対し、本種は内陸部の石灰岩の岩場に生える。
     3月初め、まだ早いかなと思って出かけた自生地は、株数はそれなりにあったものの、花をつけている株はわずかしかなかった。ピークはもう少し後のようだ。
     数年後、久しぶりに訪れた。時期は2月だったが、日当りのいい別の場所には2輪花をつけた株もあった。

    同じ科の仲間の花
シマジリスミレ2

花