スワスミレ(諏訪菫)

V. ×miyajiana


スワスミレ1

  • 科名・属名
  • : スミレ科 スミレ属

  • 特徴

  •  草丈5〜10cmの多年草。
     エイザンスミレヒカゲスミレの雑種で比較的よく見かける。
     葉は卵状披針形〜披針形で、縁は浅裂や中裂の不規則な鋸歯になり、キク葉状になるものもある。葉の両面には毛が多い。
     花は直径2cm程度、花弁は淡紅紫色〜紅紫色が基本であるが、白色に近いものや紅色の強いものまで色々ある。側花弁は有毛。

  • 分布・生育地

  •  本州  山地の半日陰の湿った所

  • 花期
  • : 4月中旬〜5月中旬

  • 撮影月日・場所

  •  1994年4月24日 長野県岡谷市
     中 2006年4月29日 長野県諏訪郡
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  両親のどちらも湿った場所に多い種のため、沢沿いなどでよく見られる。
     エイザンスミレに近いタイプやヒカゲスミレに近いタイプまで変異は大きく、写真の株は花の色も薄いヒカゲスミレに近いタイプである。
     撮影した岡谷市のこの谷はカワギシスミレの発見地であったが、カワギシスミレは花をつけていなかった。

     2006年、この花のエイザンスミレに近い赤色系の花を撮影に出かけた。
     花の時期を予測して出かけたのだが、残念ながら1花だけであとは蕾だった。

    同じ科の仲間の花
スワスミレ2

花アップ