ヤマミゾソバ(山溝蕎麦)

Persicaria thunbergii var. oreophila


ヤマミゾソバ

  • 科名・属名
  • : タデ科 イヌタデ属

  • 特徴

  •  草丈30〜100cmの1年草。
     茎は直立し、下向きの刺がある。
     葉は互生し、卵状三角形で、長さ5〜8cm。ミゾソバのような中央部のくびれはほとんどなく、葉柄の翼もない。裏面の星状毛も少ない。
     花は枝先に総状花序に5〜8個頭状につき、花被は白色。
     そう果は花後花被に包まれ、3稜形で、光沢のある黄灰色。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州  山地の林下

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年9月22日 東京都高尾山
     中・花 2005年10月2日   同 上
     下・葉 2009年9月22日   同 上

  • 撮影記

  •  ミゾソバによく似た花は、他にもオオミゾソバなどがあって、同定に苦労する。
     高尾山にはこの3種の全てが分布していて、違いについてそれなりに認識していても、実際に現物を見て同定するとなると、個体差もあって訳がわからなくなり、段々自信がなくなってくる。
     この花の他2種との違いは、葉のくびれがほとんどないことや、葉柄に小さな翼がないことで、以前アップしていたときはそのことを確かめていなかったので、2009年秋、しっかり予習し確認して撮影した。

    同じ科の仲間の花
花

葉