ホシザキカンサオイ(星咲寒葵)

Heterotropa stellata


ホシザキカンサオイ1

  • 科名・属名 :
     ウマノスズクサ科 カンアオイ属
     注.APG分類では、学名(Asarum sakawanum var. stellatum)

  • 特徴 :
     葉は楕円形〜広卵形で長さ6〜10cm、幅4カラcmの多年草。
     質はやや厚くて雲紋があり、表面脈上と縁に短毛がある。
     花は萼筒の上部が著しくくびれ、萼裂片の先が尾状に伸び、基部の合着部が内側に窪む。

  • 分布・生育地 :
     四国(高知県) (国外:日本固有)
     低山の林下

  • 花期 :  4〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     1994年5月2日  高知県
     中、下・花    同  上
     (上、中は拡大写真あり、写真をクリック)

  • 撮影記 :
     カンアオイ類は花は地味であるものの、葉の模様が美しいことから園芸的に人気が高く、盗掘による減少が著しい。
     葉だけでなく花も魅力的な種はもっと悲惨な目にあっている。
     この種も四国地方南西部の限られた地域にのみ分布し、萼裂片の非常に長いオナガカンアオイや、少し短いサカワサイシンとの中間的な形態をしており、地理的連続性が考えられている。
     しかし、十分な調査ができないうちに自生株が消えてしまいそうである。
     幸いなことに、この写真を撮影した場所にはまだ多くの株が見られた。

  • 同じ科の仲間の花
ホシザキカンサオイ2

花