サンインカンアオイ(山陰寒葵)

Heterotropa nipponica var. saninense?


サンインカンアオイ

  • 科名・属名 :
     ウマノスズクサ科 カンアオイ属
     注.APG分類では、学名未定(Asarum sp)

  • 特徴 :
     葉の長さ6〜10cmの多年草。
     葉は卵形〜卵状楕円形で先は尖り、基部は深い心形。
     花は暗紫色、萼筒は筒状鐘形で径約2cm。萼裂片は1cm程度で開出する。
     花はカンアオイ(カントウアオイ)に似ている。

  • 分布・生育地 :
     本州(滋賀県〜鳥取県)の日本海側 (国外:日本固有)
     山地の林下

  • 花期 :  10〜3月

  • 撮影月日・場所 :
     2005年5月20日  鳥取県鳥取市
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     下・花    同  上

  • 撮影記 :
     鳥取県〜滋賀県の日本海側に分布し、生育地の情報は何ヶ所かあった。近いのは京都府であったが、鳥取県は2つ残った未撮影県の一つで、ここをカバーしようと出かけた。
     目的の神社の社叢は駅から3km程度あり、タクシーを予定していた。ところが、役場の所在駅にもかかわらず、駅前は閑散としていてタクシーどころかバスもない。仕方なく歩くことにした。
     逸出帰化のマンテマなどを写しながら神社へ着いた。階段を登り始めるとすぐこの花が咲いていて拍子抜けした。
     秋から咲いていて花は末期、しかも雪の重みで傷んだ花が多く、満足のいくものとはならなかった。
     ただ、最新の図鑑や学名一覧を調べてもこの種は記載されていない。どういう扱いになるのだろう。

  • 同じ科の仲間の花
花