エゾノクモマグサ(蝦夷の雲間草)

Sixifraga nishidae


エゾノクモマグサ

  • 科名・属名
  • : ユキノシタ科 ユキノシタ属

  • 特徴

  •  草丈2〜6cmの多年草。
     多数の枝を分け、短い地上茎に葉を多数つける。葉は倒披針形で先が浅く3裂し、縁に短い腺毛がある。
     花は花茎の先に1〜3花つけ、花弁は白色、狭長楕円形で、中央に黄斑が上部に紅斑がある。

  • 分布・生育地

  •  北海道(夕張岳)(固有)
     高山帯の岩場

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1982年8月8日 北海道夕張岳

  • 撮影記

  •  夕張岳はユウバリソウが名高いものの、ほかにも固有種が多数ある。
     この花も夕張岳の岩場にわずかに生育していて、シコタンソウに似ているが、葉の先が全て3裂することで区別できる。
     ごく小さな花で急な岩場に咲くため、写真に撮れるような場所にいい被写体は少ない。