ナメラダイモンジソウ(滑大文字草)

Saxifrega fortunei var. suwoensis


ナメラダイモンジソウ

  • 科名・属名
  • : ユキノシタ科 ユキノシタ属

  • 特徴

  •  草丈5〜30cmの多年草。
     ダイモンジソウの変種で、葉の切れ込みが深く掌状に5〜7中裂し、基部は心形になるのが特徴である。
     花は白色。
     かってはカエデノダイモンジソウと呼ばれていた。

  • 分布・生育地

  •  本州(中部以西)、九州
     山地の湿った岩上

  • 花期
  • : 7〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2003年10月25日 宮崎県児湯郡

  • 撮影記

  •  ダイモンジソウは、葉の切れ込みや、基部の形から本種や、ウチワダイモンジソウ に分けられている。
     しかし、花は皆同じで、場所によっては混生していることもあり、変種として分けるのはどうかなと思う。


花アップ