オオシラヒゲソウ(大白髭草)

Parnassia foliosa var. japonica


オオシラヒゲソウ

  • 科名・属名 :
     ユキノシタ科 ウメバチソウ属
     注.APG分類ではニシキギ科(CELASTRACEAE)

  • 特徴 :
     草丈20〜40cmの多年草。
     シラヒゲソウによく似ているが全体に大きく、根元につく葉は4〜6cmあり、茎の葉の数も2〜4個と少ない。
     花は茎頂に1個つき、花冠は白色で径3〜3.5cm。花弁の縁は糸状に細裂する。シラヒゲソウに比べふた回りくらい大きい。

  • 分布・生育地 :
     本州(秋田県〜兵庫県の日本海側)
     山地の湿った岩上

  • 花期 :  8〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2012年9月9日  長野県戸隠高原
     中・花、下・葉    同  上
  • 撮影記 :
     シラヒゲソウに似ているが、全体に大きくがっしりした感じがある。
     最初に目にしたのはミズバショウの群落で有名な鬼無里で、紅葉の盛りの時期、たった1輪咲き残っていた花だった。
     それ以来なかなかその時期にこの花の咲くような場所を訪れていなかったが、2012年秋、久し振りに戸隠高原で花を見た。
     今度は花の盛期で、林下に点々と白い花が咲いていた。

  • 同じ科の仲間の花
花

葉