シコクトリアシショウマ(四国鳥足升麻)

Astilde thunbergii var. shikokiana


シコクトリアシショウマ1

  • 科名・属名
  • : ユキノシタ科 チダケサシ属

  • 特徴

  •  草丈25〜50cmの多年草。
     根茎は横に這い、走出枝を出す。
     トリアシショウマの変種で、茎は細く全体に繊細。
     葉は3回3出複葉で、小葉は卵形〜広卵形で、長さ5〜12cm、幅4〜10cm。先は鋭頭あるいは尾状で、縁には欠刻状の鋭い重鋸歯がある。
     花は円錐状になり、白色の花を多数つける。小花柄は花時に長さ1〜2mmで花とほぼ同長。

  • 分布・生育地

  •  四国  高地の林下、林縁

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  2010年7月3日 徳島県剣山
     中、下左・花、下右・葉   同 上

  • 撮影記

  •  降り続く小雨に濡れ、沢筋から吹き上げる風に、咲き始めのトリアシショウマが揺れていた。
     確か前年出会った時も雨で、結局使えるカットは一つもなかったのを思い出した。この花の花期は梅雨時に当たるので仕方ないのだが。
     雨に濡れた花というのもそれなりに風情はあるのだが、それは風景としてとらえた場合だ。花をアップで見ると蕊に水滴がついて様子がわかりにくく、生態写真には適さない。
     この時期、ここまで来るのは簡単ではない、傘を差しかけ揺すって水滴を落としながらやっと撮影した。
     標高の高い場所ではまだ咲き始めであったが、戻る途中車道脇で咲いている株は、ちょうど花の盛りだった。

    葉

    同じ科の仲間の花
シコクトリアシショウマ2

花