トウノウネコノメ(東濃猫の目)

Chrysosplenium pseudoilosom


トウノウネコノメ

  • 科名・属名
  • : ユキノシタ科 ネコノメソウ属

  • 特徴

  •  草丈5〜10cmの多年草。
     コガネネコノメソウに似るが、萼片は丸みを帯び、雄蕊は6〜8本と少なく、萼片より長く飛び出る。葯は鮮黄色。

  • 分布・生育地

  •  本州(岐阜県、愛知県)
     山地の沢沿いの水湿地

  • 花期
  • : 3〜4月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年4月4日 愛知県瀬戸市

  • 撮影記

  •  瀬戸市のUさんの案内で、早春の美濃・三河路を回った。シデコブシやハナノキを見た後、最大の目的であった本種に向かった。
     朝方から降り出した雨が本降りになるなか、やや水量の増えた沢を遡行した。そのうち沢沿いにポツポツこの花が現れてきた。
     雄蕊が飛び出すのが特徴で、小さい花に目を凝らすと、その特徴がはっきりわかった。

    同じ科の仲間の花