ウラベニダイモンジソウ(裏紅大文字草)

Saxifraga fortunei var. alpine forma rubrifolia


ウラベニダイモンジソウ

  • 科名・属名
  • : ユキノシタ科 ユキノシタ属

  • 特徴

  •  草丈5〜20cmの多年草。
     ミヤマダイモンジソウの品種で、葉の裏が紅色になったもの。(ミヤマダイモンジソウそのものがダイモンジソウと同一の考え方あり)。
     ミヤマダイモンジソウが蛇紋岩地に地質に合わせて変化したもの。

  • 分布・生育地

  •  北海道、本州(中部以北)
     高山帯の岩場や岩上

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1977年7月21日 群馬県至仏山

  • 撮影記

  •  ミヤマダイモンジソウの品種で、葉の裏が赤くなるのが特徴である。
     HP開設当時、品種は基本種に含めあえて取り上げていなかった。ところが、スミレの仲間を整理していると学名の付けられている品種が多く、はずす訳にもいかず( )書きで取り上げることにし、他の科のそれに倣った。
     しかし、花の色の違いで品種として学名がつけられているものもあれば、そうでないものなど、科によって扱いが大きく異なり、不公平な感じがしてならない。

    同じ科の仲間の花