ヤクシマダイモンジソウ(屋久島大文字草)

Saxifraga fortunei var. obtusocuneata f. minima


ヤクシマダイモンジソウ

  • 科名・属名
  • : ユキノシタ科 ユキノシタ属

  • 特徴

  •  草丈3〜10cmの多年草。
     ウチワダイモンジソウの矮小型で、葉の長さ、4〜15mm、幅5〜16mmとごく小さい。

  • 分布・生育地

  •  九州(屋久島)  高地の湿った岩上

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2008年10月6日 鹿児島県屋久島
     下・葉  同 上

  • 撮影記

  •  小雨の中強行した登山は大当たり、稜線に出ると青空が広がっていた。
     晴れてくれと心配したハナヤマツルリンドウもしっかり開花中、じっくり撮影したあとは他の固有種の撮影だ。
     9月初めはまだ咲き始めだったヤクシマウメバチソウも満開。蕾だったこの花も咲いているだろうと覗くが、花が見えない。もう一度じっくり探しやっと一輪花を見つけた。しかし、ダイモンジ(大文字)ならぬイチモンジ(一文字)だった。
     宿題は残ったものの、夏とは違う屋久島の花を満喫し、満ち足りた想いで山を下った。

    同じ科の仲間の花
葉