ヤマシロネコノメ(山城猫の目)

Chrysosplenium pseudopilosum var. divaricatistylosum


ヤマシロネコノメ1

  • 科名・属名
  • : ユキノシタ科 ネコノメソウ属

  • 特徴

  •  草丈5〜10cmの多年草。
     葉は扇円形で長さ5〜15mm、縁には円い鋸歯がある。
     花は直径5mm程度で花弁がなく、萼裂片は直立し黄色で先は円い。
     雄しべと花柱が萼片から飛び出る。葯は黄色。

  • 分布・生育地

  •  本州(京都府) 山地の谷沿いの湿った所

  • 花期
  • : 3〜4月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年3月20日 京都府
     中、下  同 上

  • 撮影記

  •  そんなに深い山でもなく、ネコノメソウが生育する場所といえば想像ができるし、簡単にみつかるだろうと出かけた山は、思ったよりわかりにくい山だった。
     途方にくれかけた時出会った地元のOさんの案内でやっと現地に辿りついた。沢の両側の岩上を黄色く染め、びっしりと咲く花は感動ものだった。
     最近、京都府から知られた花で、コガネネコノメソウに似ているが、雄しべや花柱が萼片より飛び出ており、トウノウネコノメに似た感じである。

    同じ科の仲間の花
ヤマシロネコノメ2

花アップ