カゲロウラン(蜉蝣蘭)

Zenxine agyokuana


カゲロウラン

  • 科名・属名
  • : ラン科 ヒメノヤガラ属

  • 特徴

  •  草丈20cm前後の多年草。
     葉はビロード状で光沢があり、ふちは波打つ。
     花は横向き、少し傾いて咲く。側弁は広がり、唇弁は丸まり色は黄色を帯びた白色。
     ヤクシマアカシュスランに良く似ている。

  • 分布・生育地

  •  本州(東京都)〜沖縄 常緑広葉樹林下

  • 花期
  • : 9〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  1988年9月15日 高知県室戸市
     下  同 上

  • 撮影記

  •  数年前東京都の高尾山で発見されて話題となった。図鑑では四国以西と書いてある本が多いものの、私は伊豆七島や 静岡県でも見ている。
     この写真は高知県室戸市で春先葉を見つけ、シュスランに良く似ているが少し違うと思って期待していた。花をつけてやっと本種とわかった。
     花は10個以下と少ないが下から順々に咲くため、花期は以外に長い。

    同じ科の仲間の花
花アップ