カツウダケエビネ(嘉津宇岳海老根)

Calanthe discolor var. kanashiroi


カツウダケエビネ1

  • 科名・属名
  • : ラン科 エビネ属

  • 特徴

  •  草丈30〜40cmの多年草。
     葉は2〜3個つき、倒披針状長楕円形で、長さ20cm程度。葉柄は長い。
     花は葉の中心からからでた花茎の先に十数個つく。花被片は全開し、径3〜4cm。萼片が紫褐色、側花弁と唇弁が白色〜淡紫色。中には萼片が緑色のものもある。
     エビネに比べると、唇弁が相対的に小さく、縦の隆起線が目立たない。

  • 分布・生育地

  •  沖縄(沖縄島) 常緑樹林下

  • 花期
  • : 3〜4月

  • 撮影月日・場所

  •  2008年4月9日 沖縄県国頭郡
     中、下・花  同 上

  • 撮影記

  •  茂った樹林下、石灰岩の岩礫の間を慎重に進む。今日みたいな曇天の日はいつハブが出てきてもおかしくない。
     藪をくぐり少し明るい林下に出ると、目の前の石灰岩の上に3本立ちのエビネが咲いていた。見た目には本土のエビネと何ら変わらない感じだ。唇弁が小さいのが特徴の亜種とされているが、比較するものがないと違いはわかりにくい。
     本州では広く分布するエビネも、沖縄では隆起石灰岩地帯にしか分布しない希少種だ。エビネ同様、色合いに変化があることが知られている。今回であった数株は、どれも暗赤紫色の側花弁に白の唇弁という南の島らしからぬ地味な色合いだった。
     それにしても、やんばる地域には、ここが南限という種がいくつもある。逆に八重山諸島に分布し、ここが北限という種も多く、何時きても飽きることがない。

    同じ科の仲間の花
カツウダケエビネ2

花アップ