ナガバノキソチドリ(長葉之木曽千鳥)

Platanthera mandarinorum subsp. ophrydioides var. monophylla forma australis


ナガバノキソチドリ

  • 科名・属名
  • : ラン科 ツレサギソウ属

  • 特徴

  •  草丈20〜50cmの多年草。
     キソチドリの変種で、葉が幅1〜2cm、長さが3〜5cm細長くなる点が異なる。
     花は淡黄緑色で変わらない。

  • 分布・生育地

  •  本州中部〜九州 亜高山帯樹林下

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2003年8月3日 長野県木曽郡
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  キソチドリの変種で葉の細い所が相違点。この写真でも、葉の細いことがよくわかる。
     中部地方から西に分布するので見たことがなかった。
     木曽谷にヤクシマヒメアリドオシランを撮影に行った際、林道脇に点々と咲いていた。
     こんな場所で見られるとは思っていなかったので、大喜びして撮影した。花期は少し早めだ。

    同じ科の仲間の花
花アップ